安易に申込みをするその前に!消費者金融を選ぶときはしっかり比較を

急を要するときや、とりあえずどこでもいいからお金を貸してくれるところが必要!というときはついついパッと目に入ったところで「ここでいいや」と妥協して申込してしまいがちです。しかし、きちんとその会社を知っていおかないと、後々トラブルになる可能性も…。

あとから「この会社で借りておけばよかった!」と思っても、借り換えするのはなかなか大変ですし、利息を二重に支払うことにもなってしまいますので、非常に損をしてしまいます。一度借りたらよほどのことがない限り完済するまでそのキャッシング会社とお付き合いすることになりますから、出来るだけ自分が納得できるところからお金を借りたいですよね。急いでいるときは比較の暇もなかなかないかもしれませんが、重要な比較のポイントさえ抑えておけば短時間でも比較は可能です。

まずはやはり一番誰もが気になる金利でしょう。金利の比較を行う場合はついつい最低金利を見てしまいがちですが、最低金利でお金を借りることができるのはごく一部の人だけなので、最高金利で比較しましょう。最高金利は各社でそんなに大きく変わることはありませんが、初めて利用する場合一定期間利息がつかない「無利息サービス」を行っている会社もありますのでチェックしてみましょう。例えば30日間無利息サービスを行っている会社の場合、契約した日から30日の間はお金を借りてもその分の利息は払う必要がありませんので、うまく利用すれば借りたお金と同じ額だけで返済を終わらせることができます。注意しなければいけないのは、あくまで契約をした日から無利息期間が開始されるのであって、借りた日から開始されるわけではないので注意が必要です。1日に契約して実際にお金を借りたのが20日だった場合、無利息期間は10日間のみということです。

返済方法も各社違いますので、自分が予定している返済方法を採用しているか調べることは非常に重要になります。一番ラクなのは指定口座からの引き落としですが、提携先の銀行の口座にしか対応していなかったり、引き落とし自体に対応していない会社もあります。自分が利用したい金融機関の口座が使えるかどうかきっちりチェックしておかないと、毎月返済日までにATMへ行ったり銀行振り込みを行うなど、面倒な作業をしなければならない可能性もあります。

他にも、スピーディに審査が行われることを謳っているところや自動審査を行っている会社など、審査に関してもそれぞれの会社で違います。できれば審査が早いのが理想ですが、状況によっては審査が長引くことも珍しくありませんので、手早く契約したいと思うならば自動契約機から申込むのがいいかもしれません。もちろん、スマホからの申し込みも簡単に行える会社がほとんどですので、時間がない場合でも10分程度あれば申込が可能です。

お金は生活の根本にかかわる大切なものですから、安易に妥協や決断を行わず、きちんと比較をして申込先を決めましょう。

閉じる